HOME お手入れ方法とサービス

お手入れ方法とサービス

べっ甲製品のお手入れ方法

サンプル画像

べっ甲製品は、海亀の一種であるタイマイの甲羅などを原料として作られています。なので、普段のお手入れ方法においていくつかの注意点があります。


通常のお手入れ方法

通常は、メガネ拭き(レンズクリーナーのクロス)のような柔らかい布で拭き上げるようにします。汚れが多少目立つようであれば、洗面器などにぬるま湯を入れ、通常の石けんを泡立て、軽く浸しながら丁寧に洗うようにします。べっ甲製品は熱に弱いので、温度管理には注意が必要です。洗った後は、水気をよく切り、乾燥させてから収納するようにします。


べっ甲製品の保管方法

べっ甲製品は、タイマイという亀の甲羅や腹の部分を使っています。その成分のほとんどは、タンパク質からできています。なので着物や洋服などと同様、長期間そのままの状態で保管していると虫食いの恐れがあります。
ということから、虫食いを防ぐための処置が必要です。防虫剤を近くに置くとか、桐の箱に収納するなどの工夫を施すようにしましょう。さらに、虫干しと同様、年に数回は風通しのよいところにおいて陰干しをするとよいでしょう。
べっ甲製品を長く愛用するためにも、そのようなお手入れをされることをおすすめします。また、べっ甲製品はちゃんとした保存さえしておけば一生愛用することができます。


通常の使用方法について

○かんざしや髪留めなどは、付けたままでのヘアスプレーのご使用はお控えください。べっ甲の輝きが無くなり、傷みも早くなります。必ずヘアスプレーの使用後にお付けください。
○お風呂やプール、サウナなどでのご使用は変質、変色の恐れがあるため、お控えください。
○直射日光の下で、長時間放置したり、ドライヤーで長時間温風をかけたりすると、べっ甲製品が変質、変色する場合もございます。取り外してからのご使用を心掛けるようにお願いします。


べっ甲製品の修理について

万が一、落としたりしてべっ甲製品が破損した場合はご連絡ください。べっ甲製品は、熱と水を上手く調節しながら圧着する製法なので、そのほとんどが元通りに修復できます。ただし、特殊な部分においては、その修復ができない場合もあります。まずはお問い合せください。


光沢がなくなったべっ甲製品は

長年使用してくると、べっ甲製品に光沢が鈍くなる場合があります。そのようにつやがなくなる場合は、磨き直すことで見違えるように元のような輝きがよみがえります。


無償でクリーニングを実施します

当店にてお買い上げをしていただいたお客さまには、光沢が鈍くなったり汚れがひどくなった場合などは無償にてクリーニングを行っています。大変恐縮ですが、送料はお客さま負担とさせていただきます。クリーニング期間は1〜2週間ほどかかります。まずはお気軽にメールか電話にてお問い合せください。

このページのトップへ