HOMEべっ甲について

べっ甲について

べっ甲は長崎を代表とする伝統工芸品です。古くから長崎ではタイマイを原料とするべっ甲が流通していました。 それは独特の趣があり、伝統工芸品として昔から貴重な物として扱われてきました。
その長崎べっ甲の歴史や種類、またべっ甲が出来上がるまでの工程などについて紹介しましょう。

べっ甲の歴史と長崎のつながり

べっ甲彫刻細工とは

べっ甲画像

べっ甲は南方の海域やカリブ海、インド洋の海域に生息している海亀の一種であるタイマイの甲羅などを原料としてかんざしや櫛などに加工し製品化しています。


べっ甲の歴史

べっ甲は古く奈良時代から存在が確認されており、奈良正倉院の所蔵品にもべっ甲細工が保管されています。


べっ甲と長崎

べっ甲製品は長崎を代表とする伝統工芸品です。 その歴史は古く、江戸時代から長崎のべっ甲彫刻細工師が活躍していました。 そして何代もの間その伝統技法を受け継ぎながら今日に至っています。

べっ甲の種類

っ甲はタイマイと呼ばれるウミガメの甲羅が原料となっています。タイマイの甲羅は全部で14枚あるといわれています。

べっ甲ができるまで

べっ甲製品は長崎を代表とする伝統工芸品です。 その歴史は古く、江戸時代から長崎のべっ甲彫刻細工師が活躍していました。

このページのトップへ