喜山からのごあいさつ

このページへお越しいただきありがとうございます。

べっ甲画像
長崎を発祥とする日本の伝統工芸であるべっ甲は、古く室町時代から眼鏡の枠としてあしらわれていた記録が残っています。べっ甲の原料となるタイマイは、インド洋を中心に生息している海亀で、今ではワシントン条約によってその輸入が禁止されており、残された貴重な原料をもってそのべっ甲細工が成されているのが現状です。

長崎では、このべっ甲細工が古くから盛んに行われており、江戸時代将軍家への献上品としてべっ甲製品が長崎より京都などを経由しながら送られていました。

時代の流れとともに

私は、この長崎で明治初期より続く藤田家三代目のべっ甲彫刻細工師「喜山」として今日に至っております。
べっ甲製品は、その原料の調達が難しくなっていることから、業界を引き継ぐ職人がいなくなり、今では数えるほどのべっ甲職人による製造・細工が細々となされているのが現状です。

まことに残念でなりませんが、この流れはいかんともしがたいものがあり、遠くない将来に日本の伝統工芸である「べっ甲彫刻細工」はその火を消す運命にあるようです。
このような中、150年続いた藤田家伝統のべっ甲彫刻細工も三代目「喜山」で終わりを迎えようとしています。

べっ甲彫刻細工師は、国内において私を含む二人を残すのみとなりましたが、まだ元気なうちに素晴らしい日本の伝統工芸であるべっ甲細工を一人でも多くの方に紹介させていただき、喜山の作品を後世に残したいと思うに至り、このページを開設いたしました。

べっ甲製品ご紹介

サンプル画像

かんざし

かんざし(簪)は、女性が髪に挿す髪飾りとして用いられる伝統的な装身具です。
江戸時代には、日本髪が様々なカタチに発展するとともにかんざしももてはやされました。現在では、伝統に捉われない自由なデザインのかんざしも出始め、和装・洋装問わないヘアアクセサリーとして復活しています。

サンプル画像

帯留め

帯留めは、女性が紐に通して、帯の前正面につける金属・宝石などの飾り物です。
べっ甲細工もその装身具として古くから愛用されており、美術的な要素もあり、その評価は高いものがあります。ブローチのようなイメージで、着物のアクセントとして、おしゃれを演出するツールとなっています。

お知らせ

2016.01.01
今年も長崎べっ甲喜山をよろしくお願いいたします。
2015.12.14
池井戸潤×Audi×朝日新聞企画「作家・池井戸潤 ニッポンを走る」の取材を受けました。
2015.11.13
長崎活水大学 生活デザイン科学生へ、べっ甲製品の講義を行いました。
2015.11.07
長崎べっ甲かんざし「バラ唐草透かし彫り5連」商品を追加しました。
2015.11.06
長崎べっ甲かんざし「牡丹 唐草模様透かし彫り」商品を追加しました。
2015.11.06
長崎べっ甲かんざし「扇形 唐草模様透かし彫り」商品を追加しました。
2015.11.06
長崎べっ甲かんざし「ホラ貝 唐草模様透かし彫り」商品を追加しました。
2015.10.11
「史跡出島 蔵出しフェスタ」長崎べっ甲展に出演しました。
2015.10.10
本鼈甲彫刻 かんざし「ホラ貝唐草彫り」 完売しました。※動画あり
2015.10.09
長崎べっ甲かんざし「扇形 唐草模様透かし彫り」商品を追加しました。
2015.10.06
WEBサイト「プレミアムジャパン」様より紹介記事の掲載依頼を受けました。
2015.10.05
完売した本鼈甲彫刻 かんざし「扇形大牡丹立体彫り」の製作依頼をいただきました。
2015.10.02
本鼈甲彫刻 かんざし「乱れ菊立体彫り」 完売しました。
2015.09.30
「史跡出島 蔵出しフェスタ」長崎べっ甲展に出演します。
2015.09.04
本鼈甲彫刻 かんざし「2本足椿二輪彫り」完売しました。
2015.08.05
べっ甲喜山が「婦人画報」7月号で紹介されました。
2015.06.28
本鼈甲彫刻 かんざし「ホラ貝唐草彫り」完売しました。
2015.01.14
長崎べっ甲かんざし「小菊唐草模様透かし彫り」商品を追加しました。
2015.01.13
長崎べっ甲かんざし「木の実唐草透かし彫り」商品を追加しました。
2014.11.27
長崎べっ甲かんざし「2本足椿二輪彫り」商品を追加しました。
2014.11.18
花かんざし「扇形大牡丹立体彫り」完売しました。
2014.11.17
花かんざし「梅立体彫り」完売しました。
2014.09.04
お手入れ方法とサービスのページをアップしました。
2014.08.06
長崎べっ甲かんざし商品を追加しました。
2014.07.22
ペンダントネックレス「バラ唐草透かし彫り3連」完売しました。
2014.02.26
長崎べっ甲「喜山」のホームページをアップしました。

べっ甲細工製品【フォトアルバム】

今まで作り上げてきたべっ甲製品の数々です。長崎べっ甲彫刻細工師「喜山」は、みなさんに喜んで愛用していただきたい思いを込め、日々べっ甲製品の製作に取り組んでいます。


べっ甲製品に関する質問など、お気軽にお問い合せください。

当サイトはべっ甲細工師三代目「喜山」のウェブショップです。

長崎べっ甲「喜山」は国内において、数少ないべっ甲彫刻細工師の一人となっています。

〒850-0834 長崎市上小島2丁目6-14
電話番号:095-825-7132
FAX番号:095-825-7132
営業時間:10時〜18時
定休日:土・日・祝祭日

このページのトップへ